賢い本の買い方売り方2016

   

最近、引っ越しの為に要るもの要らないものの整理をしています

大漁のゴミが出てきて出てきて可燃ゴミ20袋、布団組敷4セット、

不燃ゴミ17袋と粗大ゴミ大小合わせて20ほど・・・

整理していく途中でてくるのが、もう使わないけど使えるもの

「読み終わった本や雑誌・聴かなくなったCD・観なくなったDVD」

「着ない衣類」

「文具・電池・小銭・頂き物」

etcetc.

今回はその中でも本の処理について色々調べた得する方法をお教えしたいと思います

 

まず、これはやってはダメ!

 

処分ってとても面倒で煩わしいことです

出来れば何も考えずに楽に処分できる方法がいいと思うのは当たり前ですが

高く売れるものをみすみす数十円であげてしまうのは勿体なくありません?

これはダメな方法の例

  • 可燃ゴミで捨てた          ×!
  • 紐で縛って資源回収に出した     ××!
  • ブックオフなどで全部売り払った   ×××!

 

なぜダメなのか、答えは簡単♪

お金になるのに勿体ないからです!

例として挙げると丁度今僕が読み終えたばかりの本がコチラです

とっぴんぱらりの風太郎

とっぴんぱらりの風太郎

 

万城目 学/著

これは出た時にTSUTAYAで買いましたが中々読まずに放置していました

とはいえ状態は中々よく帯も残っています

 

 

これをAmazonで検索してみると

 

 

リンクを辿ればわかると思いますが、現在の中古価格の最安値が450円です

最安値の本の状態はかなり悪い状態の物だと考えると

状態の良い本であれば600~800円ほどで中古販売されている本だということがわかります

この本をもしBOOKOFFで売った場合はというと

買い取り価格100円です

 

買った時2000円だった本が現在中古で最低450円+送料のものが

BOOKOFFにもってくと「はいじゃあ100円ね(100円玉ポイー」

そして次にその店にいくと売った本は400~600円の値段は付けてるでしょうね・・・

 

古本屋に持ってくのが馬鹿らしくなりません?

 

 

じゃあどうしたらいいの?

 

僕が今回考えて行った手順を流れで説明しますと

 

最初に、本を3種類に分類することが大事です

 

 

①、 本の状態が良いものグループ

新刊・発売一年以内・それ以前でも人気作家の本・また過去に話題になった本は他よりも高く売れます

またそれ以外にも、本に折れ線や傷や日焼けなどがないものは高く売れる可能性が高いですので

こういった本は別に積んでおきましょう

 

 

 

②、 多少の痛みや傷はあるものの読める本

1であてはまらなかった本がここに来ます、多少シミやヤケがあるけど読むには問題ない程度のものです

 

 

 

 

③、 読めるけど売り物と考えたらちょっとひどいかな?という本

雑に扱っていたり、またずっと適当な場所に放置して汚れがあるようなものはここ

 

 

これで3種類におおまかに分類できたと思いますので次に行きます。

 

 

 

①の本の売り方

 

基本的には個人と個人で売買できる売り方が一番利率が良いです

その為手段として

「ヤフオク」

「Amazonで販売」

「ジモティーなどの地域内で売買し合えるサイト」

がメインとなると思います

 

売れ行きの速さはやはりヤフオクかAmazonになりますが

手軽で早く売れるという点で僕はヤフオクが一番いいと思います

落札された時も本や雑誌はゆうメールなど安価な手段で送れるので

落札者も出品者もwinwinな手段だと思います

 

 

Amazon販売だと登録にちょっと手間があるのですが、トラブルになりにくいのと、

他の出品者と比べておおよその出品価格がわかりやすいので気軽に出品しておけます

業者が多く入っているので業者さんよりちょっと安めにしておくと早く売れますよ

 

 

地元サイトは直接渡したり物々交換ができたりというメリットがあります

注意としては、利用者がヤフオクやAmazonと比べると少ない為

大分値段を勉強して出さないと売れません

しかしそこらの古本屋にもってくよりは確実に高く売れます

 

 

②の本の売り方

この本は売れるんだけど高値にはなりにくいです

もしシリーズ物全巻が揃っていたりすればいい金額でヤフオクやAmazonで売れますが

そういったものでないなら古本屋に持っていくのも良いと思います

ただし、ファンがいそうなニッチな雑誌類、今じゃ手に入らないもの、専門的な本はなるべくヤフオクやAmazonで売るべきです

そういったものは希少価値がある場合が多く求める人はイイお金を出して買ってくれる場合があります

自分が興味ない本だからといって全て古本屋で処分してしまうと後で損をしてしまうかもしれません

 

 

 

③の本の売り方

②で注意した、専門的な本、学術書、需要のありそうなジャンルの古本なんかはありませんか?

基本的にこの分類に位置した本は無価値です

 

ですが、お金にできないこともありません

 

近所のスーパーやホームセンターで「出した資源に対してポイントをくれるお店」はありませんか?

そこで出せばキログラム辺りに対し1円ほどのポイントが付いたりします

雑誌や本なんて案外重いものですから、まとめて出すと結構ポイントが貯まります♪

僕も新聞や雑誌、段ボール類などの資源はまとめて近くの回収しているホームセンターへ持って行き

ポイントをこつこつ貯めています

100円の買い物に対して1ポイントつくお店なので、1kgのゴミを捨てただけで100円分のポイント

=100kgで1000円分のポイント

そう考えるとかなりお得な気がしませんか?

買い物ついでに出せばガソリン代だって無駄になりませんね♪

 

 

 

まとめ

本は3種類に分類して、なるべく高く売ろう!

売れないものも、ポイントにして賢く利益を得よう!

 

・・・こんな感じです

久しぶりの記事更新で書き方がとても雑で申し訳ありません(汗

ちゃんと見やすいサイトになるよう空いた時間にコツコツ更新・改良していきたいと、そういった面持ちです

 - 日記